車・バイクのガラスコーティング・ポリマー加工専門ショップ/埼玉・上尾/

雨ジミから復活
--オーナー自身の12年間の業界経験に業界最高峰と言えるグラスコート・ジャパンの技術を加え、現段階での技術的集大成を引っさげ福島県郡山市に続き、埼玉県上尾市にグラスコート・ジャパンが初上陸、、、
イメージだけのこだわりは捨て、本来あるべき姿がグラスコート・ジャパンだという事を証明して見せよう、、、、。
雨ジミには大まかにわけて二つに分けられます。一つはイオンデポジットというもので、塗装面にのっている水が急速に乾燥し、水分だけが蒸発して、水分の中に含まれていたカルシウムなどが汚れとして残ってしまうものです。
もう一つは酸性クレーターというもので塗装面の上にのっていた水に酸性物質が含まれていた場合、その酸性物質が塗装面を溶かして窪みを作ってしまう現象でしたの画像が酸性クレーターの画像です。酸性クレーターの場合は状況にもよりますが、除去可能なもの、ぼかして目立たなくするものと完全に除去することが難しくなってきますのでできるだけ早めに対処することが必要になります。

施工前
施工後

下の画像がイオンデポジットの除去前・後の画像です。この車は普段井戸水で洗ってしまっていたようで、ボディー全体にイオンデポジットが付着してしまっていました。井戸水には特に含有成分が多く含まれているためイオンデポジットが非常にでき易くなりますので井戸水を使っての洗車はおすすめできません。ボディー全体に付着していたイオンデポジット、数はものすごかったのですが、比較的軽度のものが多かったため完全に除去することができお客様にも喜んでいただけました。ですが、このお客様の場合は比較的早めに施工することができ完全に除去することができましたが、もっと時間が経ってしまうとイオンデポジットの上にイオンデポジットがまたその上にイオンデポジットがというように重なり合って重度のものになってしまうと完全に除去することは難しくなってしまいます。やはり早めの対処が必要になります。

施工前
施工後

酸性クレーター、イオンデポジットを除去するには高い技術が必要です。最低でも室内作業の専用照明を備えた専門店で作業することをオススメします。ディーラーさんなどでは出張業者による悪環境での作業になることが多く、シミがほとんど除去できていない上にバフキズ、オーロラマーク、拭きキズなどをつけられてしまうことが非常に多いです。技術レベルが低く、いいかげんな専門店もたくさんありますので、やはりしっかりとした作業スペースを持った専門店に一度車を見せ、不明な点などを質問し解消した上で信頼できるお店に依頼したほうが良いと思います。

【戻る】